キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
色って不思議
子供色彩教室&ワークショップ
キッズファインカラーとは

お問い合わせ&申込み

--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
31
《ご報告》カラーミーティング2013を終えて
昨日、高槻市役所内生涯学習センターにおいてキッズファインカラー
総会「カラーミーティング2013」が無事終了いたしました♪

議題は2012年度の活動報告・会計報告・規約改正報告・2013年度の
活動予定報告でした。

キッズファインカラーを立ち上げ、沢山のお母様方と出会うことが出来、
また、カラーミーティングでは参加されたお母様一人一人と丁寧にお話しを
する機会が与えられ大変感謝しております。

キッズファインカラーの活動を通し、社会全体の子どもを取り各環境が
改善され、希望に満ちたよいものになっていけるようにますます努力を
して行く所存です。

jyugyo.jpg
▲子どもが子供らしく過ごせるいじめのない社会を目指して

助け合い
▲育児の現場・第一線にいるのは“お母さん”です!

キッズファインカラーではお母様方の生きた声を大切にしたいと
願っております。NPOの活動を通して、自治体や各機関に発信していける
存在感のあるスタイルを今後も貫いていきたいと思っています。

皆さまお一人お一人の“笑顔の力”がキッズファインカラーには何より大切です。

是非、キッズファインカラーと共に子育てを思う存分のびのび楽しんで
ください!2013年度も期待していきましょう~♪
03
28
子どもの視力を守る5つの方法
『頭の回転のよさ』は何のことを差すかご存知ですか?

実は、頭の回転とは“目”から見た情報を“脳”に伝えることを差します。
すなわち、『頭の回転のよさ』とは、そのスピードや正確性を指すのです。

ですから、“目”=“視力”のよさは、それだけで頭にいい条件となります。
また、視力にトラブルがあると、ストレスを感じ精神面で負担が多くなります。


子どもの視力を守らなくては、と思っても、テレビやゲーム、スマートフォン
など…生活には視力低下につながるものが沢山あります。

視力が完成するのは10歳前後(大脳の前頭連合野の完成とほぼ同時期)。
それまでは子どもの視力をさらに意識して守ってあげる必要があります。

キッズファインカラーでは単なる色彩だけでなく、子どもの視力に関わる
色彩の手法を大切にしている日本で唯一の色彩団体です。

そこで、今日は、キッズファインカラー流・子どもの視力を守る5つの方法を
お伝えいたします♪

頭の回転が速い子どもに育てるには『勝つよ!ブイ♪』を覚えてくださいね(笑)

 ①くさない
  …前髪で目を隠さないようにしましょう。お子様の眼球を髪の毛で傷つけて
   しまいます。特に、自分に自信がないと思春期に前髪で顔を隠す傾向が
   あるので、お子様が小さなうちから安心感を与え、劣等感を過剰に持つことの
   無い様に育てましょう♪

 ②よめない
  …暗めの部屋でのテレビやスマホは厳禁です。特に、スマホの画面は至近距離で
   光源が子どもの眼球にはキツイので、帰省時の乗り物の中など、どうしてもと
   いう時だけにしましょう。また、テレビやPCの画面の照明設定を下げておく
   ことも出来る工夫です。
ゲーム
▲暗い部屋のTVやゲームは絶対ダメ!
  
 ③らせない
  …たまに赤ちゃんの顔の目の前でスマホの画面を見せている光景を目にしますが、
   あれは本当にご法度です^^;
   試しに、蛍光灯に目の前に近付けてみてください。どうですか?その後、すぐ
   離れても頭がぼーっとしたり、クラクラして疲労感がありませんか?
   乳幼児のお子様にゲーム機やスマホを近づけて見せることは同じような事です。
   必ずスマホなら大人の腕を伸ばしたくらいは最低でも離しましょう。

   ※照明を強く浴びると、不眠にもつながりますので、もし、お子様の寝付きが
    悪いとお悩みの方は、該当していないかセルフチェックしてみてください。

 ④らさない
  …歩きながら、自転車や車、電車など揺れる乗り物の中では画面は見せません。
   これも視力低下の原因になります。(読書も同じです。)
ゲーム2
▲歩きながらのゲームは危険度も…

 ⑤までない
  …3D映画は5歳からと表示があるのは、子どもの視力はようやく6歳頃に
   1.0になるからです。視力が完成する前に、3D眼鏡などで楽しむ映画や
   アトラクションは身体年齢的に不向きですのでご注意ください。
※本文内容の著作権はキッズファインカラー®に属します。本文の無断転用・コピーは禁止です。

いかがでしたでしょうか?当てはまることがあれば是非、改善して、お子様の
視力を守り、健やかな成長を“目”にも与えてくださいね。

海外のことわざ 【目は全身のあかりである。】視力を守ることがお子様の
全身を健やかに保つ秘訣につながることは昔から知られているようです♪
03
21
キッズファインカラーの『根っこ』
今日、買い物帰りの道で幼児の大泣きする声が道路の向こうから
聞こえてきました。

乳幼児は泣くのが仕事と言うくらい言語の発達が時満ちるまでは
どんな子どもも泣くので珍しくはありませんが、この時は直感的に
“この泣き声は違う!”と、危機感を持ちました。

今日は大阪では最高気温で12℃。外は寒く、ダウンジャケットを
着ている人も見かける程肌寒いお天気です。

その子どもは、大泣きしながら『さむい~っ!さむい~っ!』と
泣きすぎて鼻が詰まり、嗚咽状態になりながら泣き叫んでいました。

見ると、自分は厚着をした母親が子どもを上着も着せず、トレーナー
1枚。靴下も靴もはかせず、自転車の後ろにのせて漕いでいるでは
ありませんか!

こんな寒い日に誰が好き好んで、靴も靴下も与えられず体感温度が
更に下がる自転車に乗ると思いますか?

こういう時に、母親が我に返れるように周りがサポートすることは
大変重要と考えています。そっと、近付くと、その母親は私の目を見て
自転車を降り、子どもに靴下を履かせ始めてくれました。

兄弟のお迎え時間?ママ友との待ち合わせ?習い事?通院?
どの理由で急いでいたかはわかりません。

でも、母親が孤立してしまいやすい現代の社会では
“子どもも同じ感情を持った人間”だということ、
“子どもは大人以上に手厚い配慮が必要な存在”だということなど
当たり前のことを見失いやすいもかも知れません。

子どもと向き合えないちょっとした心のひずみがある時点から、
子ども虐待に発展してしまう危険性があるということを忘れずに、

その母親が今後、子どもの泣き叫ぶ声を無視するのではなくて、
社会の人との関わりの中で「はっ」と我に返り、子どもを愛おしむ心を
もつ後悔のない充実した心ある子育てを出来るように
と切に願いました。

“子どもを大切に思っています”と同時に
“お母さん。あなたも大切に思っています”という
愛のメッセージがキッズファインカラーの根っこです。


色という誰の周りにもあり、簡単で子育てに取り入れやすい手法を
通し、子どもを大切に育てることが出来るキッズファインカラー。
是非、皆さまにも体験していただきたいと願っています。

楽しく子育て優しい母性

▲お母さん。あなたは一人じゃないから大丈夫!

親子のスタイルは様々♪でも色彩感覚だけはすべての家族に
共通しているんです。不思議ですね☆
03
13
オススメ絵本紹介
今日、ご紹介する絵本は世界の国旗をテーマにした絵本です。


P3130306.jpg
▲『こっきえほん』bbc出版(¥1,890)

国旗絵本はいろいろな出版社から発売されていますが、
このbbc出版のものが一番旗が大きく、旗同士が近すぎない距離で
レイアウトされているのでオススメです。

なぜ、キッズファインカラーで“万国旗”?と思うかもしてませんが、
実は、色と言うものは各国や、文化、宗教、思想をつたえる手段として
人類発祥の頃から使われてきたものです。

すなわち色とは人類にとって『体感する言語=アイデンティティー』の
重要な要素なのです。

教育基本法の幼稚園教育要領では子供を健全に成長に導くために、
“環境”を整備するねらいも明記され定められています。

要領では、幼児期から子供たちに“万国旗”に親しむよう指導がされていますが、
昨今の幼稚園でクラスや学園の中に“万国旗”を見たことはありますか?

おそらく、ほとんどの園では『国旗=国民としてのアイデンティティー』
『国旗=世界的なグローバル人材の育成』
という意識が低く、運動会で
見かければいいほうなのではないでしょうか?

国の違い、社会情勢、グローバル教育というものは乳幼児期から
培うことが出来ますし、またしていかなければならないものです。

言葉で教えるにはまだ困難な未就学時には、もっともわかりやすい方法で
それらを教える必要があります。それが、色でデザインされた“国旗”と
言うわけです。


ですから、“万国旗”の導入を国が定めているのです。
育児や教育の第一ステージは学校ではなく、家庭です。

是非、『こっきえほん』をご家庭でも手軽に見れる環境をお子様に整えて
あげてみてください。親が驚くほど、お子様が情報を吸収し、視野が広く
なることを実感できますよ!

小学校~中学校にかけてこの時の体験が社会の成績にも結びついてきます。
多種多様な“色で表現された国民性”を親子でまずは楽しんでみてください。

万国旗は優れた世界共通の知育教材です☆

03
08
《告知》キッズインテリアカラー無料セミナー開催決定♪
以前からリクエストの多かった子ども向けインテリア色彩ですが、
ついに住宅メーカーさんとの協力により無料教室の開催が決定しました。

キッズファインカラーならではの“子どもの健全な育ちに効果的な色”
本物の住宅で実例を体験しながら親子で楽しく学べるチャンスです。

ご協力いただくのはなんと!人気の住宅メーカー“積水ハウス”さんです。

親子で一緒に参加でき、お家1軒を丸ごとキッズファインカラーの
教材にしてしまうという前代未聞のキッズカラー講座です。

会場は、春にリニューアルOPENしたばかりの富田丘町展示場です。
日時は、金曜日午前を予定しており現在、詳細は調整中ですので
決まり次第、HPにてお知らせいたします。

キッズファインカラー無料教室の会場となる、積水ハウスさんの
富田丘町展示場は“子どもの学力が上がる”間取りなので注目です。

素晴らしい間取りに加え、キッズファインカラーの提案する色彩である
『親子の絆を育む色』や、『我が子をいじめっ子にしないさせない色』
をインテリア編としてお伝えいたします。

住宅購入を考えている方もそうでない方も関係なく来場できる
子育て支援イベントですので、是非、安心してお越しください。


『常識と思っていたことが子どもの学力を止めてしまっていた…!』
なんていう落とし穴に気が付くチャンスかもしれませんよ♪

MP900401048[1]
▲子供の成長にあったインテリアとは?

子どもが育つ現場は家庭が1番。学校が2番です。是非、この機会に
お家で簡単に取り入れることが出来る色彩を楽しく学びましょう。

当日、講師はキッズファインカラー代表・新川が務めます。
開催日の詳細は後日、当HPで先行発表となりますので少々お待ちください。

▽積水ハウスキッズデザイン『コドモイドコロ』公式HP
http://www.sekisuihouse.com/style/suggestion/kids/index.html

▽積水ハウス・富田丘町展示場公式HP
http://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/27/2016410010/index.html
高槻市富田丘町12-3(毎日ハウジング高槻住宅展示場)駐車場有:無料
03
04
《ご報告》子ども虐待防止オレンジリボン運動支援団体に認定されました
本日は、大変うれしいお知らせがあります。

子育て支援NPOキッズファインカラーが
子ども虐待防止オレンジリボン支援団体として
認定登録されました。


今後、色彩を通して子どもの健全な発育を目指す子育て支援NPOとして
オレンジの効果のカラーセミナーなどを通じてキッズファインカラー
ならではの子ども虐待防止運動に積極的に参加していきます。

キッズファインカラーは単なる子ども向け色彩教室とは全く異なり、
子ども個人の状況、家庭の状況、社会の状況を根底からサポートし、
色彩で応援していくNPO団体です。

活動の報告や年間計画など、是非、分かち合いたいと思いますので、
3月30日(土)のNPO報告会“カラーミーティング”に一人でも
多くの方に来ていただけますようお願い申し上げます。

申込み〆切は今月15日までですので、お忘れなく出欠のご予定を
ご返信よろしくお願いいたします。

▽オレンジリボン運動公式HP▽
http://www.orangeribbon.jp/

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。