キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
色って不思議
子供色彩教室&ワークショップ
キッズファインカラーとは

お問い合わせ&申込み

--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
31
《ご報告》サマーカラーワークショップ2013
昨日、高槻市クロスパル(総合市民交流センター)でキッズファインカラー
サマーカラースクール2013が行われました♪

ベビーカラーワークショップ『はじめてのいろあそび♪』には
大人8名 お子様9名 の参加者があり、楽しく色の準備体操や
リズム遊び、パラバルーンや工作を楽しみました♪

中でも、好評だったのは“千代子(ちよこ)”作りです!
キッズファインカラーの公式キャラクターである“千代子”
簡単に風船と折り紙で作ることが出来る愛着形成おもちゃです。

タケモトピアノのCMではないのですが、同じくらい“千代子”は
子どもウケがよく、お子様が夢中になって遊んでくれるんですよ♪

ちよこ
▲不思議と子どもが笑ってしまうオリジナルキャラクター“千代子”

参加した赤ちゃんが好きな色を選んで、お母さん方が色とりどりの
“千代子”を作ってお子様にプレゼントしてあげました。

ワイワイしていて写真を撮ることが出来なかったのが残念ですが、
お母様のお子様に対するそれぞれの愛情が沢山感じられて素敵な
ワークショップとなりました。

また、午後に行われた3歳~小学3年生までのキッズカラーワークショップ
『色のかわるふしぎな絵を描こう!』
には大人9名 お子様13名
ご参加があり、大変にぎやかにたのしく不思議な絵具でお絵かきを
楽しみました☆

お子様ももちろんのこと、お母様方が絵が上手くて驚きました(笑)
夏の思い出や自由研究の教材になれば幸いです♪
出来上がった作品は是非、晴れの日に太陽の下で見てくださいね!

サマーカラーワークショップ最後のクラスは大人向けの子育てカラー教室
『ブルーライトについて知りたいQ&A』
でした。大人11名 お子様7名
ご参加があり、ブルーライトについて正しい知識を学びました。

光学・色彩学の中立な立場で『ブルーライト』を学びました。
本当に怖いのはお子様の発達途中の心身に影響を与えてしまう様々な
要因であることをお伝えすることができました。

現代では、機器のない生活は困難があります。是非、子育てカラー教室で
身につけた光学・色彩学の知識をお子様との生活の中で工夫して活かして
いただければ幸いです。

計57名の皆さまとお会いできたサマーカラースクール。大変楽しかったです。
今後の活動にも活かしていきたいと思っております。ありがとうございました!

今年、ご参加できなかった皆さまも、是非、来年はサマーカラースクールに
お越しくださいませ。色とりどりの楽しい毎日をキッズファインカラーは全力で
応援サポートいたします♪



07
24
西武高槻店アカチャンホンポ『カラープチ講座』
今日は、西武高槻店アカチャンホンポにて『キッズファインカラープチ講座』が
ありました。

いつもは第4火曜日が定例なのですが、7月は特別に水曜開催となりました。

今日は《乳幼児特有の色彩感覚》がいかに子どもの将来《情緒形成》
影響するかをお話しすることが出来ました。

アカチャンホンポでのプチ講座はいつも最後の質疑応答が盛り上がります。
子育てしていると沢山気になることや知りたいこともありますよね♪

アカチャンホンポでの講座は30分の文字通り“プチ講座”なのですが、
毎回、ちょっとずつお話しの内容を変えてご提供しています。

今日は“情緒形成”の発育と色彩について学びましたが、
子供服の反射による印象の変化について学んだ回もありますし、
何色かピックアップした色の選び方について学んだ回もありました。

ですので、何度も足を運んでいただいてもタメになるような講座です。
赤ちゃんたちの状態によって話しが聞きやすいかどうかも変わりますし、
もっと知りたい方はリピートしていただいても楽しめると思います♪

次回は、赤ちゃんが心地よいと感じる色の紹介を何色かしようと思います。
誰でも簡単に出来る色を取り入れて、ストレスなく愛情いっぱいの育児を
これからも楽しんでくださいね。

baby15.gif

日時:2013年8月27日(火)10:30~11:00
会場:西武高槻店アカチャンホンポ コトのひろば
電話予約開始は7月26日10:00より(店舗)072-684-2400です。
※くれぐれも予約開始前のお電話はご遠慮くださいますようお願いいたします。
07
16
イメージ映像完成しました♪
当キッズファインカラー®のイメージCM映像が完成しました☆
元気で可愛いところがイメージにぴったりです♪





2013年7月24日(水)アカチャンホンポ(西武高槻店)での無料セミナーや、

2013年7月30日(土)にはキッズファインカラーサマーカラースクールの
無料イベントがクロスパル高槻でございます。

また、2013年7月24日(水)、31日(水)にはクロスパル高槻にて開催される
映画『生まれる』上映会でも当団体が紹介されます。

是非、小さなお子様がおられるご家庭や、子どもの育成に関心をお持ちの方は
キッズファインカラー®を気軽に体験してみてくださいね♪
07
09
「色」と「社会性」
仕事で先日、長年精神科医として勤務されている先生とお話しする機会に
恵まれました。

先生とお話ししている中で、現代の子ども達を取り巻く環境について
話しあった際、心に残る言葉がありました。

『今の子ども達には情緒がない』
そう、先生が嘆いておられ、私も全くその通りだと共感しました。

MP900399955[1] MP900409652[1]
▲「心」を形成する幼児期に「情緒」よりも「学習」をさせてしまうとで「社会性」が育たないことは
古くは超高度知能を有したギリシャ・アテネやイタリア・ローマ帝国では育児の『常識』でした。

また、親や友達と人間関係を持てなくなるバーチャルな育児も子どもの心を育てません。


様々な患者さんを診ている中で、「心=情緒」を幼少期に育ててもらえない
ことがどれだけ子どもにとって生涯、重荷となるかはっきりとわかるそうです。

また、先生は人間同士の「社会」から孤立して行われる机上の「脳トレ」は
全く無意味であると言われています。

MP900407458[1]

“人間とは社会的な存在である”ギリシャのアリストテレスが言った
大変的を得た言葉です。確かに、人間の真の学習は“人とのつながり”の
中でこそ発揮されるものです。

そう考えると、「色」は「社会性」を持ったものであり、「色」は子どもの
「心=情緒」の成長と深く関係しているのでとても重要ということになります。

MP900423059[1]

事実、子どもの身の回りの「色」を変えてあげるだけで「心=情緒」が育ちやすい
環境を作ることが出来るのです。

子どもたちの精神面を考える医師の先生と話し合う中で、さらに「色」の
大切さを一人でも多くの親御さんに伝えていかなくてはいけない!と
気持ちが引き締まる思いでした。

キッズファインカラー®でしか学べない「子どもと色の関係」を是非、
皆さまも機会がありましたら学んでみてくださいね♪
とっても簡単で「目からウロコ!」は間違いなしです。



5つのセルフチェック 3歳児以上向け※医療診断ではありません
~お子様の情緒は育ってますか?~

□①お友達や先生といても笑わない
□②笑ったり、怒ったり感情表現をしない
□③一度泣きだすと爆発したように怒りもあらわれる
□④「好きなものを選んでね」と言っても選べない
□⑤人を無視する

※学年始まりなど慣れていないうちはセルフチェックはしても正しい結果が出ません。
3つ以上当てはまるかたは、是非、お子様の気持ちを引き出せるように、親子の時間を
優しくゆっくり持ってあげてくださいね♪
07
02
『幼児の表現』の大切さ
お子様と向き合う時、あなたとお子様のどちらがよくお話しをしていますか?

育児には必ず保護者の特に母親の優しい声が豊かな安定した人格形成に
必要
になります。乳幼児はすこし高音域の音の方が聞きやすいので、
母親の子どもをあやす声は生理学的にも精神的にも気持ちのいいものです。

しかし、子どもを育てていると、あやすだけではなく、どうしても注意したり
しつけが必要になるのですが、ここで保護者が大切なものを見失うと
親子の絆を壊すばかりか、子どもの心から“生命力”を奪ってしまいます。

MP900408981[1]

見失ってはいけないもの。それは『コミュニケーション』です。

コミュニケーションとはお互いの『発信』『受信』がバランスよい状態を
差します。子どもの月齢や年齢が上がるたびに意識をしないと親からの
『発信』ばかりになりがちです。

すると、子どもが“どんな気持ち”でいるか“何を考えて”いるかを
『受信』しない親・『受信』できない親になってしまうのです。

そして、いつのまにか子どもがダンマリ、何を聞いても答えてくれないと
いう子育ての苦労も悲しい結果になってしまうのです。

そこまで行くと回復まで相応の時間と労力がかかってしまいます。

ですから、幼いうちから子どもが【自分で表現する】ことを楽しいと感じ、
『発信』する機会に恵まれることが必要なのです。

MP900409426[1]

学力世界第一位のフィンランドでは保育園・幼稚園に入る前から
【遊びの活動センター】という子育て支援施設に通い、幼児が週3日ほどの
本格的な芸術活動をしているのをご存知でしょうか?

フィンランド人の読書量は世界トップレベルだそうですが、そういった
情報を『受信』し『消化』出来る能力は幼い頃からの芸術活動にヒント
あるのです。

芸術活動を通し、【自らの心を表現する】機会をふんだんに持った幼児は
就学期にはすでに【自尊感情】がしっかり心の土台として備わっているのです。

ですので、失敗を恐れずどんどんチャレンジしたり、意見を『発信』できる大人に
なるのです。また、自らの『発信』が大人にしっかり受け止めてもらえた子どもは
人の『発信』を『受信』できるコミュニケーション能力にも優れています。

昨今、学校の成績は優秀でも社会に出た途端、仕事や人間関係が上手くいかず
道を閉ざされるパターンが急激に増加しています。

今時の若者だから…ではなく、実際に統計を見ると団塊世代は自尊感情が
高く、バブル世代もそこそこ高く、それ以下の現役親世代の30代以降は
自尊感情が低い~全くないという悲しい結果もあるのです。

子育てで目いっぱいで自分の心を向き合う機会もなかなかないと思います。
ですので、お子様と一緒に“体験”されていはいかがでしょうか?

自分も幼児に戻ったつもりで、お子様と一緒に芸術の表現活動を楽しんで
みてください。お子様にとってはその親御さんの姿がまぶしく輝いて見え
ますし、親への敬意も芽生えます。

親御さんにとっては、子育てしながら自分自身の自尊感情を回復する機会と
なりマイナス点は一切ありません。
MP900177857[1]

次回は7月30日(土)、秋は11月16日(土)に『高槻市アート博覧会』の一環で
乳幼児向けの表現アートを開催します。

7月のベビー&キッズクラスはすでに満員ですが、秋のイベントはまだ募集前ですので
ご応募いただけると思います。

詳細は『高槻市アート博覧会』のパンフレットおよび当HPにて発表いたしますので
こまめにHPをチェックしてみてください。

また、0~2歳のお子様の保護者向けに7月24日(水)10:30から無料セミナーを
高槻西武百貨店・赤ちゃん本舗
ひろばにて行います。受付は7月4日からです。

是非、ご興味のある方はご参加くださいませ。

子どもの『発信』をしっかりあたたかく受け止められる社会を目指してまいりましょう!

キッズファインカラーでは親子カラーワークショップを随時開催しています。

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。