キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
色って不思議
子供色彩教室&ワークショップ
キッズファインカラーとは

お問い合わせ&申込み

--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
30
《子育てサークル》2月開催日決まりました
みなさまこんにちは!
2月のカラー子育てサークルの日程が決まりましたのでお伝えいたします♪
danball.gif 
2月のアクティビティー
『カラフルなキッズハウスを作ろう♪』

月齢別の発達段階に応じて体験出来る色あそびがたくさん☆
出来あがったら記念写真をパチリ!ママも今から楽しみですね♪

※カンガルーの森では施設の規定で絵具の使用が出来ませんので、
色とりどりの素材を貼ったりくっつけたりして素敵なキッズハウスを
作りましょう♪家ではなかなか出来ない大型色あそび工作です☆

と  き■2月26日(水)9:30~11:30 ※満員御礼
     アクティビティーは9:30スタートです。9:30までに受付をお済ませ下さい。
ばしょ■カンガルーの森(高槻市立総合子育て支援センター)2階 学習室1
対 象■0歳10ヶ月~2歳児
     ※3歳児で未就園児の方はお申込みいただけます♪
会 費■お子様お一人につき1,000円(※母子家庭割引…800円)
    付き添いの保護者の方は無料です☆ ※釣銭なきようお願いいたします。

お申込み&お問合せ■当HP『お問合せフォーム』もしくは090-5582-4749まで

~サークルからのお知らせ~
・昨年のべビークリスマス会で撮影した記念写真の掲載日が決まりました☆
 『まみたん3月号』(2/7発行)に掲載予定です♪お楽しみに~!

~おねがい~
※カンガルーの森ではサークル活動のお問合せは対応しておりません。
(カンガルー窓口の方は市役所の職員さんです。キッズファインカラーについては上記までお願いします。)
※必ず当日連絡が可能な携帯番号等をお忘れなくご記入ください。
※代表が講義・講演中などは電話に出られないことがございます。ご了承くださいませ。
01
20
《お知らせ》3/1(土)オフィシャルランチ会☆
子育て支援NPOでありながら、日本で唯一の“子どもと色彩”専門団体でもある
キッズファインカラー®も早いもので来年、創立3周年を迎えます♪

現在、人材育成の一環として、子育てに活かす色彩専門知識を学びつつ、
『育児色彩®』の講師を目指し応用色彩技術を4名の方が学習中です。

また、今月1~2月からは高槻市と京都市で『育児色彩®』基礎講座に
新たに受講生が20名誕生します。

アメリカ・ドイツの色彩先進国をはじめ、北欧、アジアなど海外では
教育現場や医療現場に『色彩』が効果的に取り入れられ国を挙げて
効果を得ています。

日本では『色彩』の歴史が浅い上、“資格商法”としての色彩が浸透して
しまったために、なかなか色彩環境が向上しないと言う現実があります。

そこに一石を投じるべく、まずは人格形成の大切な乳幼児を持つご家庭から
色彩効果を体験していただくことをキッズファインカラー®は目指しています!

詰め込み型の資格学習ではなく、心で感じて楽しく学び、生活に活かせる
色彩を驚きの良心価格で学ぶことが出来る点は、キッズファインカラー®の
最大の特徴です♪


さまざまな子育てカラーイベントだけでなく、しっかりした人材育成にも
力をいれて今後の団体活動をより一層充実させていく所存です。

そして、お子様が楽しむだけでなく、お母様の活躍の場となるような
楽しい親子イベントを計画中です!

創立3周年に向けて、より前進していくキッズファインカラー®♪
イベント情報など一早く3月1日(土)のランチ会でお伝えしたいと
思っております。


『育児色彩』基礎講座、応用講座の皆様も万障お繰り合わせの上、ご出席ください。
楽しくランチをしながら、普段、出来ない話もゆっくりお話ししましょう!

会場は高槻市の園児ママに人気のJR高槻駅すぐの『つきの井』さんです。
皆さまお誘い合わせの上、お子様同伴で気軽にどうぞお越しください♪

『キッズファインカラー®オフィシャルランチ会』※要申込み

とき◎2014年3月1日(土)12:00~14:00
場所◎JR高槻駅南口直結 グリーンプラザ1号館5F『つきの井』

会費◎おとな1,000円(ランチ・デザート)、お子様ランチ1,000円、うどん600円
   ※離乳食・幼児食持込みOKです

申込み◎メール…akdnw503@tcn.zaq.ne.jp(担当:長谷川)
      電話…090-5582-4749まで

〆切◎1月末日まで
01
18
《書籍紹介》掲載されました♪
先日、キッズファインカラー®通信の送付状でもご紹介しております
似内惠子先生の『明治・大正のかわいい着物 モスリン』が今月15日に
遂に待望の発刊となりました☆

京都古布保存会・代表理事の似内先生が、着物の中でも普段着として
愛された“モスリン”に関する専門書をフルカラーで解説されています。

明治・大正時代の可愛いモスリン着物についてのここまでの書籍は
珍しく、明治・大正時代の“華やか”な時代を知るための良質な資料
なることは間違いありません。

まるで“モスリン博物館”を訪れた錯覚に陥る程、資料の点数が多く、
写真を見るだけでも楽しい内容の本です♪

P1180314 - コピー

似内先生が私にインタビューしてくださった記事の内容は44-45ページ
です。キッズファインカラー®『育児色彩®』の“子どもと色”について
非常にまとめて書いて下さいました。

似内先生の文才に脱帽です♪日本のお母様方がこの本を見て、お子様の
将来に夢を持ち“普段着から明るくカラフルに”子育て出来るようにと
願っています☆

日本の着物・染料はもちろん、色彩の勉強にもなりますので是非、
手にとってみて下さいね☆

キッズファインカラー®『育児色彩®』の基礎講座・応用講座の受講生の
皆さんも是非、色彩学習と並行してご覧になることをオススメします♪

01
14
キッズファインカラーの“子育て支援”
『子どもの発育過程がわからない』
『子どもとの接し方がわからない』
『子どもの育て方がわかならい』

“子育て支援”。この言葉が社会に浸透したのはここ数年のことです。

実際に、核家族化と少子化が同時に進行する国は世界でも日本だけ
言われています。世界でも今まで事例のない状況ですから、誰が親に
なっても、少なからず“子育ての壁”にぶつかる
のは避けて通れない
現状なのではないでしょうか。

今後、さらに少子高齢化が進む日本では育児環境の改善や全世代が
同じように子どもという素晴らしい社会の財産を守っていく必要があります。

“子育て支援”とは、結局のところ、社会全体で子どもを守り育むという
シンプルな助け合い
なのだと思います。

sougei_soft.gif


以前、子育て支援に関する著書の『社会が10歳までの子どもを守らなければ、
10年後、その子どもから社会を守らなくてはいけなくなる』
という言葉に心を
打たれた覚えがあります。

残念ながら、その本の名前がわからなくてここでは紹介できませんが、この言葉は
大変的を得ています。

乳幼期~児童期の人格形成期の子どもを“親の責任”だからといって、
たった一人の母親に押しつけるのではなく、社会全体で子どもを悪の道から守り
幸せな将来に希望を持てる正しい方向へと方向付ける手助け
が必要です。

社会が、少子高齢化や労働体制、核家族化により、父親や祖父母が子育てに
関われない状況を作りだしてしまったのだから、今度は社会全体で子育てを
一手にひきうけている母親ごと子育てを手助けするという考えが“子育て支援”です。

oya_kodomo2_soft.gif

もし、子育てに行き詰る母親を放っておけば、その家庭では子どもが親に
放っておかれてしまいます。

もし、子どもを愛せない母親を放っておけば、その家庭では子どもは親から
愛情を受けることが出来ません。

もし、自分に自信のない母親を放っておけば、子どもだって自信を持てずに
自分の才能に気がつかないで終わってしまいます。

oyako1_soft.gif

だから、シンプルに考えて、日本中の母親が
『自分が好き!自分の子どもが好き!』と、いつだって胸を張って言える
社会をキッズファインカラーは作りたいのです。


それがキッズファインカラーのめざす“子育て支援”です。色はそのための
ツールにすぎません。

色と言うのは乳幼児がベビーサインなどのジェスチャーよりも最初に身に
付ける“言語”であり“表現”
です。
ですから、キッズファインカラーは“色”をツールに子育て支援活動を行っています。

nendo_soft.gif

さまざまな“色”で遊んだり、描いたり、学んだりしていくなかで、お母様も
お子様と一緒に楽しんで輝いて笑顔になってもらえればそれだけで充分です♪

母親が笑顔なら、子どもは自然と笑顔になる。
母親が幸せなら、子どもは絶対しあわせになる。
母親が充実しいていれば、子どももおのずと夢をみつける。


そうキッズファインカラーは信じて今日も子育て支援活動をしています☆
hoiku_fumira2.jpg
ちょっと疲れたなと思う時。
子育てをもっと楽しみたいと思う時。
自分の育児に自信が持てない時。
人の子どもと自分の子どもを比べてしまう時。

そんな時でもいいんです。是非、キッズファインカラーに遊びに来てくださいね♪
2014年も楽しく笑顔で行きましょう~!
01
14
《お知らせ》2月絵画サークル
2月のベビー&キッズ絵画サークルの予定を発表いたします☆

◎2014年2月4日(火)10:00~12:00×満員御礼
◎2014年2月18日(火)10:00~12:00×満員御礼
《両日とも要予約》

場所◎子育てレンタルサロン「ほっと☆ひといき」(詳細は下記)

会費◎親子1組様 1,000円 ※母子家庭割引…800円

対象年齢■腰座り完了~3歳児(就園前までOK)

持ち物■水分、おやつお子様のエプロンやスモッグ&着替え、オムツ、タオル
    お子様のお写真を撮りたい方はデジカメOK♪作品を持ちかえる大きめの袋など
    ※お母様も汚れます。必ず汚れていい服&エプロン持参でお願いします。

大きな地図で見る
場所■子育てサロン『ほっと☆ひといき』 高槻市大塚町5-13-1-102
    JR茨木・阪急茨木市、JR高槻・阪急高槻市、枚方方面より
    京阪バス「大塚」下車 徒歩1分※市営バスは停車場が異なります

お申込み&お問合せ■当HP『お問合せフォーム』もしくは090-5582-4749まで
※代表が講演中などは電話に出られないことがございます。ご了承くださいませ。
01
13
《お便り紹介》絵画サークルより
先日、キッズファインカラー事務局にとっても素敵なお写真をいただきました。

乳幼児アートの先駆的活動をしているキッズファインカラーで毎月数回行われる
ベビー&キッズ絵画サークル。そこに来て下さったお母様からのお写真です☆
(ご本人様の承諾を得て掲載いたします)

去年12月にクリスマススペシャルで使用したドイツの画材玩具は大人気
1枚目のお写真はその画材玩具を使用してご自宅で制作された作品です。

2013122101220000.jpg
▲お子様に大人気のワンワンうーたん
なるほど!こうすれば作れるんですね☆
お子様の笑顔が目に浮かぶようです~!

2枚目のお写真は、絵画サークルで使用した紙パレット代りの紙皿で
作ったお正月リース!!

2014011219240000.jpg
▲真ん中をくり抜く発想に脱帽!赤色をベースにあでやかなお正月気分♪

みなさまも“キッズファインカラーのサークルでもらったこれを使って
これを作ってみました~!”
などお写真がございましたら是非、お気軽に
お写真送って下さいね☆

私共もこうしてお子様だけでなく、お母様方が楽しんで下さることが
何よりも励みになります!お母さんの笑顔って子どもにとって
一番の心の栄養
だったりするんですよね♪

これからも親子で一緒に色を楽しめるサークルを提供できるように、
日々精進していきますので、何卒よろしくお願いいたします!
せっかくですから今年もおもいっきり育児を楽しんで行きましょう~♪
01
10
《事務局より》通信最新号
キッズファインカラー通信最新号(2014年冬号)が発行されました。

DM会員の方、準・正会員の方で送付希望をされている方には、本日
普通郵便にて発送いたしました。到着まで今しばらくお待ち下さい☆

illust2071.png

☆1月のカラー子育てサークル(会場:カンガルーの森)は締切終了いたしました。
次回、2月同会場でのカラー子育てサークル日程は1月下旬頃HPにて発表です。
01
06
『遊びを観察する』ことの面白さ!
今日は、乳幼児期ならではの子どもの面白い色彩感覚をご紹介します♪

下の写真は、先月、キッズファインカラー(R)のカラー子育てサークルで
撮影したものです。

PC250350.jpg
▲乳幼児の色彩感覚の実例

1歳の女児がスイスのおもちゃビリボを使って遊んでいた時です。

黄色いビリボの中に、いろいろな色のブロックの中から、
ビリボと同じ黄色の動物だけを選んで、入れていました。(写真上)

あなたが、この女の子のお母さんだったらこれを見てどう思いますか?
何を発見するでしょうか?

実はこれ、乳幼児が、大人とは違って『形』ではなく『色』で仲間を
分類しているという“乳幼児期の色彩感覚”の実例
なんですよ☆

成長して3~4歳頃になると、今度は『形』でも仲間分けをしたり、
することができます。(※18歳頃までは色彩が人格形成に重要です)

そうなると、ちょうど大脳が『形』を意識できる状態になった合図。
その頃からひらがななどを見る(まだ書かせてはいけません)ことを
はじめると、心身にストレスをかけず、すんなり就学時以降の学習に
つながり移行出来るんです♪

色彩感覚のずれない良質な色を使用した玩具で色遊びをさせてあげると、
いろいろな子どもの成長段階を遊びながら確認出来るので、親子双方に
心身の負担なく自然で健全な成長をさせてあげることが出来ます。

『早期教育』とは乳幼児期から“勉学”をさせることではありません。

よく、意味を勘違いなさっている方も多いのですが、“早期教育”とは
乳幼児期から子どもを一人の人間として認め“心身の発育”にそった
“人格教育”をすること
なのです。

子どもとの適切なコミュニケーションと、本当の『早期教育』には、
子どもの発育に対して正しい知識が必要不可欠です。

少し大げさな表現かもしれませんが、金銭でも、習い事でも、学歴でもなく、
子どもが立派な人格を持った成人に育つ秘訣は、親としての姿勢こそが鍵です。

せっかく、カラー子育てサークルに参加されても、お子様を一人で遊ばせっぱなし
ではもったいない!キッズファインカラー(R)のカラーサークルには海外からの
良質な色彩玩具をはじめ、ここでしか体験できない色彩遊びがいっぱいです。

お子様が何色を一番気に入っているか。
お子様が何色を見た時反応したか、無反応だったか。
お子様が何色の服を着たお友達と一番遊んでいたか。

挙げればキリがない程、遊びを観察するなかにお子様の発育度合いや、
人間関係のコミュニケーション能力、その子の才能まで実は見極めることが
できるヒントがたくさん詰まっているのです!

hoiku_illust1_soft.jpg  hoiku_illust2_soft.jpg
▲一人ひとり遊びの好みや方法が違う点にも実は育児ヒントがいっぱい!

また、お子様のいい面だけでなく、お子様の苦手なことや、お子様に特に
正しい“躾”やサポートが必要な面も色あそびを通してわかることがあります。

キッズファインカラー(R)のスタッフは全員、『育児色彩(R)』基礎課程以上及び
教育支援人材認証協会(社)から認証を受けた『こどもパートナー』資格以上を
保有している現役色彩スタッフです。

是非、お気軽に効果的な色あそび方法や、遊び観察方法など、おたずね下さい☆
人格形成に最も大切な乳幼児期を母子共にストレスなく楽しく過ごしましょう♪

  ***  ***  ***
◎1月の子育てサークル日程◎
2014年1月23日(木)13:30~15:30
  詳細はコチラ

※1月「アカチャンホンポ(西武高槻店)」無料プチセミナーの詳細はコチラ
※2月ベビー&キッズ絵画サークルの日程は決まり次第UPします。

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。