キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05
15
色彩に触れる大切さ
現在、キッズファインカラーでは、さまざまな母子向けセミナーや
講習会を開催していますが、今秋に向けて自然の色彩に触れる体験
ワークショップの企画を進めています。

日本では、子ども用のクレヨンが8色、多くて12色と、色数が少ない
傾向があります。

人には4色の色の物差しがあり、それを軸に言葉を増やすように色感覚を
増やしていきます。

この色彩感覚の幅を増やす方法は唯一でそれは【体験】することです。

キッズファインカラーではお母さま向けの色彩教室でも【体験】することに
重きを置いており、それは現行の色彩教室に比べ大変に特徴的なことです。

ルネッサンスの三大巨匠の一人であるラファエロ(ラッファエロ)は、繊細な
色彩感覚と描写に優れ、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロと異なり
女性層の人気が非常に高かったの画家です。

ラファエロのこうした色彩感覚は、色彩のあふれる芸術が盛んな地域に生まれ
育った影響と言われています。

また、ミケランジェロの師匠でもあるドメニコ・ギルランダイオが描いた
「ジョヴァンナ・トルナブオーニの肖像」も大変興味深いものがあります。

彼の育った生家が花屋のそばだったことが作品つくりに影響しているのではと
示唆する西洋美術専門家の見解があるほどです。

ドメニコの肖像画
▲名画「ジョヴァンナ・トルナブオーニの肖像」
ドメニコ・ギルランダイオ/作(1488)
花のように綺麗な色彩は当時のテンペラ画には珍しい色彩。

お子様の隠れた才能を引き出す色彩の効果を是非、親子で体験してください♪
キッズファインカラーのワークショップやイベント出展情報は随時このHPに
UPされますのでお楽しみに☆
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。