キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
09
東京学芸大こども未来研究所主催『あそびのタネ展』
昨日、大阪成蹊大学図書館棟で開催されました、東京学芸大こども
未来研究所主催イベント『あそびのタネ展』
が無事終了いたしました。

キッズファインカラーも、ブース出展を招聘していただきました。
来場されたお子様106名のうち45名のお子様が、当ブースの楽しい
色遊びを体験してくださいました♪感謝のご報告をさせていただきます。

P9080118.jpg P9080128.jpg
▲キッズファインカラーからはスタッフ4名で参加いたしました。

キッズファインカラーは『太陽の色を探してみよう!』『好きな色で
オリジナルキャラクターを作ろう♪』
の2つの色遊びを提供いたしました。

太陽光を分光する光学実験は『自然』や『科学』を考えるきっかけ作りに
最適です。キャラクター遊びは、色に親しみ『表現』する楽しさをお子様の
心の土台に据えることに役立ちます。

P9080126.jpg P9080127.jpg
▲目のパーツも思い思いに子どもならではの自由な発想で描いたり貼ったり♪
お子様が自分のキャラクターを生み出す時、表情が変わることに気がついた
保護者の方はみなさん驚かれていました。

『あそびのタネ展』終了後は、子どもの教育人材を考えるシンポジウムが
開催され、文部科学省、尼崎教育委員会、大阪府教育委員会、各連携大学や
市区町村の行政の方などが出席されました。

P9080130.jpg
▲関西での教育人材認証制協会のシンポジウムは初めての開催です。

3時間半におよぶシンポジウムの締めくくりには壇上されておられた
パネラーの尼崎市教育委員会事務局学校教育部部長の西川教授が
キッズファインカラーの活動について『(キッズ)ファインカラーさんの本物に
触れるという機会を提供するブースを体験して非常に面白かったです。
こうした活動をしておられる団体を我々ももっと掘り起こしていかなければ
ならない。』
と、壇上からお誉めの言葉を述べて下さいました。

今後、キッズファインカラーの活動や育児色彩の知識や技術が日本の教育界でも
何かしらの役に立てれば幸いだなと改めて使命感を感じるシンポジウムでした。
このような機会に恵まれましたことをここにご報告と共にお礼申し上げます。

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。