キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
21
なぜ今“カラー”なのか?
今日、ようやくキッズファインカラーの公式ホームページを
OPENすることが出来ました☆

実は、このHP、私の主人が作りました(笑)

と、言うことは…トップページの子どもって?
はい。ウチの子どもです(笑)

主人は普段、“京手ぬぐい”のデザイナー兼グラフィック
デザイナーをしています。
趣味でwebデザインや映像クリエイターを始めたところ、
結構、依頼が来て今日に至ります。

私は高校生の時に商品デザインを依頼されて始めたのが
きっかけでそのままデザイン学校に進み、世界的に有名な
デザイナー浅野泰弘氏にデザインを教わったりしていました。

企業や団体や商業ビルのグラフィックデザインを主にしていて
子ども向けの商品では●ックマや●リキュアの商品デザインも
手がけたこともあります。

40歳目前で四十肩に襲われている主人と、最近、つくづく
『色って大切だね~』と、話し合っています。

それは、最近、いたるところでセオリー無視のカラー配色が
なされているからです。

実は、どんな色でも組み合わせていいわけではありません。

色は、自然界にある電磁波の一種で可視光線ですから、
組み合わせを間違うと人間が生理的に嫌悪感を抱いたり、
不快感に襲われたりする危険もあるものなのです。


色にはルールがあり、使用方法を学ばない人が公共の場で
色を安易に表現することはマナー違反なのです。


しかし、現在IT技術の進化と普及により誰でも表現をすることが
簡単な世の中になってしまいました。

子どもたちを取り巻く“衣・食・住”すべてに色は存在します。
しかし、それらはすべて健全な配色でしょうか?

いいえ。残念ながら違います。

子どもを輝かせる色彩。子どもの才能を引き出す色彩。
子どもの健康を助ける色彩。

私は、色の氾濫する現代こそ、色のルールを学び、
正しい使い方を一人でも多くの方に知ってほしいと心から
願っています。特に、小さなお子様のいるご家庭には
人格形成上、とても必要なことだと確信しています。


“子どものためのカラーコーディネート”
“色は目から摂るビタミン”


それがこのキッズファインカラーのコンセプトです。

今こそ“カラー”の持つ力を体験してみてください☆

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。