キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
05
新年明けましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます
本年もよろしくおねがいいたします


1月は日本の伝統に触れる機会に恵まれています。
皆さまはお正月、お子様とどのような日本の伝統に触れたでしょうか?

今日は『日本の美』に触れることができる美術展をいくつかご紹介いたします。
特に、キッズファインカラーで“育児色彩®”を学ばれている方は是非、ご覧に
なっていただきたい企画展です。

(1)『日本の色、四季の彩 ~染色家 吉岡幸雄展~
yoshioka_00_thumb.jpg

開催期間◇2015年1月2日(金)~1月18日(日)
会   場◇JR京都 伊勢丹内 美術館「えき」KYOTO

日本の伝統色には、島国固有の色が多く見られます。天然鉱物系顔料が少なく、
植物染めが主な色表現だった日本の歴史から成り立つものです。

“育児色彩®”応用講座受講生の皆さまは、日本の伝統色を直に見る絶好の機会
ですのでチェックしてみてくださいね。

また、美術館「えき」KYOTOはお子様連れでも気軽に美術館デビューできる
美術館ですので是非お子様連れでもお気軽にいらっしゃってください♪


(2)『生誕120年記念 デザイナー 芹沢銈介の世界展』

141223_my2020.jpg

開催期間◇2015年1月7日(水) ~ 19日(月)
会   場◇京都 高島屋7階グランドホール

静岡が生んだ有名デザイナー・芹沢銈介が収集しインスパイアされたコレクションや
芹沢銈介の作品展です。

上記で御紹介した『日本の色』展を見に行った後、鑑賞すると、日本特有の色彩由来が
わかるので、“なぜこの色なのか?”がわかってとても楽しいと思います♪

自然が生んだ産物と言って過言ではない、日本の色彩。
中東・ヨーロッパと異なり、地理的な条件から、植物染めが色彩表現の術であった
日本の伝統美術を、新しい年の始まりに体感してみてはいかがでしょうか。
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。