キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05
12
子どもの成長必要な『光』
科学的に色を学ぶことは『光』を学ぶことです。

(最近は、非科学のニセ色彩も多いので注意してくださいね。
非科学・占い・カルトに分類されるニセ色彩は以下の通りに分類されます。
カラーキューブ、カラーボトル、カラーセラピー、パーソナルカラー。
残念ながら、マスコミに掲載されるものは占い団体のものが多いですね^^;
たぶん、毎月の占いと同じ扱いなんだと思います。)

科学的な『色(=光)』は、自然科学の世界でも植物や動物の成長・生存に
不可欠であることは皆さまのご存知のところです。

最近では、土がなくても、栄養素を通常よりも含んだ培養水と光さえあれば
野菜が育つことがわかり、どんどん商品化が進んでいますよね。

実は、子どもにも『光』と『栄養』は欠かせません。
反対を言えば、『光』と『栄養』があればすくすく成長できるんです!
fumira2_kodomo.jpg
子どもの栄養は2種類。『心のご飯』と『毎日のご飯』です。
心のご飯だけでは、お腹が空くし、
毎日のご飯だけでも、心が育ちません。


バランスがとても大事です。そして、植物と違うところは、心のご飯は
あげすぎても根腐れしないというメリットがあるということです^^

たくさん愛情を注いで(過干渉はダメですよ。苦笑)たくさんおひさまを
あびせてあげましょう♪

外で遊べなくても、日当たりのいいお部屋で過ごすことを心がける、
明るめの(濁ったり、暗いものでない)色のお洋服を着せてあげること
などが『光』のあげ方です☆

明るい色が合さると、科学的に太陽光と似た『光』の波長が発生します。
特に、子どもに大人気の黄色は太陽光に最も近いんですよ。
子どもは本能的に自分が健康に成長する色を知っているんですね☆


親の好みで黒やグレー、紫などばかり着せていると心身の反応が弱くなり、
『嬉しい・楽しい・愛情』をつかさどる“快感情”が育ちませんので要注意です。


おうちで、どんなふうに色を使って遊んだらいいか、どんな色を子どもが
見ると心と体が元気に動くのかを体験できるキッズファインカラー(R)☆


今月29日(金)10~12時 にカンガルーの森2Fで育児サークル(要予約)
体験できるチャンスです♪是非、初めての方も気軽にご参加くださいね☆
(高槻市外の方もご参加いただけます)
詳細はこちら⇒5/29サークル詳細

kosodate.jpg
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。