キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
30
皆さんの質問に回答しますvol.1
本日、キッズファインカラー無料教室に来ていただいた方から
アンケートでいただいた質問に少しこの場でお答えします♪

Q)帰省の時。お姑さんが我が子に持つ印象について
どんな色を着ればいいか教えてください。


そうですよね!わかります(笑)!
我が子が子ども同士で好印象を持たれるのと同じように、
周囲の大人に愛される子どもであることも重要ですよね☆

まず、ご高齢の方の“目”について少しお話します。
実は、人間は男女問わず、年齢を重ね高齢になるにつれて眼球が
黄変化して濁っていきます。

なので、早い人では40代から60代になるとほとんどの場合、
色の見え方が変わってしまいます。


そうすると黄色と青色(黄色の補色)が認識しにくくなります

今日の無料教室でも少し触れましたが、見えにくいものは生理的に
嫌悪感を抱きやすい
もの。

おじいちゃんおばあちゃんと子どもを会わせる時は赤や緑など
高齢の方にも見えやすい色
をチョイスするといいですよ♪

●赤を着ていると子ども同士のトラブルは増えますが、大人の中に
いくのなら問題ありません。むしろ、帰省中の乗り物のなどで時間を
早く感じさせる効果もあるので、長距離移動にはもってこいです。

●緑は好き嫌いの印象をもたれにくい中間の色です。
子どもの心がウキウキ元気になるように明るい黄緑のチョイスはオススメ☆

赤も緑も単色の強い印象ではなく、白のストライプや水玉、チェックが
入るとさらに爽やかさを印象に加えることが出来るのでより高感度が
あがります♪

もちろん、赤色をトップスに着せる場合、ボトムスは攻撃配色に
ならないように黒は避けたほうが賢明
ですね。

この夏の帰省には是非、取り入れてみてくださいね♪
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。