キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
22
夏の色のススメ
『夏はメーキャップを10%濃くするといい』と、聞いたことはありませんか?

これは、単純に太陽光が強くなる(=照明が強くなる)からメーク映えするように
するという意味だけではありません。

どんなに日焼け止めで紫外線対策をしていても、紫外線は防ぎきれないもの。
おのずと、肌色が日焼けでワントーン濃くなるからなんです。

例えば、パーソナルカラーで「スプリング(黄色みの強い明るめの肌)」の人が
夏だけはワントーン色が濃くなるとします。

そうすると数字上では1.0度~2.0度も明度(明るさ)が変化し、
全く印象が変わってしまうのです。わかりやすく言いなおすと薄いグレーが
濃いグレーになってしまうほどの変化です。

スプリングタイプの人が夏だけはオータムタイプに変わるということが
起こるのです。

手元に199配色カードがある方はFL4・FL5・FL6と並べて比べて
見てくださいね。その変化に驚きますよ!PCCSのトーンに置換えると
p・sf・dになります。

こうなってはもともと似合うはずの色も似合わなくなったり、人が受ける
印象も随分変わってくるのです。

なので、肌色にしっくりくるように夏場は10%メーキャップを濃くすると
いうわけです。

もちろん、洋服の配色もワントーン濃い色をチョイスしても馴染みますから
試してみてくださいね。

今日は、少しお母様向けの夏の色の理由についてお話ししました。


~豆知識~

デニム生地はUV加工がなくても90%以上日光を通さないスグレ物です。
でも、夏場に全身デニムはありえませんね(笑)。
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。