キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
29
色を “楽しむ” ことが大事
キッズファインカラーでは、『色は目から摂るビタミン』ということを
モットーに子供の発達と色彩の深い関係をお母様方に広めています。

子供の自らの発育に欠かせない要素である『快(楽しい)』という感情は、

①環境  (インテリア~エクステリアまで周囲の物すべて)
②言葉  (周囲からの声かけ)
③人間関係(家族~社会との関わり)
④健康  (心身の健やかさ)
⑤表現  (自らの気持ちや気分を表現する創造性)

の領域すべてに必要です。どれかが一つ欠けても子供は瞬く間に
やる気を失い、『不快』を大人以上に感じてしまいます。

知育や幼児教育、リズム遊びなど様々な子供の発達を願ったおけいこが
ありますが、日本では子供が目から『快』を得る重要性が認識されていません。

絵具遊び
▲子供が好きなお絵描きも9歳ごろまでは“色”そのものを
楽しんでいます。楽しむことをさせてもらえなかった子供は
⑤表現に自信が持てず絵を描くことが苦手な大人になります。


人間は生活の8割を目からの情報で支えられる生き物です。
それだけに言葉が未発達な乳幼児には特に目から受ける『快』の
刺激が太陽の光や空気のように欠かせない
ものなのです。



上記で挙げた②言葉でも実は、目からの情報“色”が関係しています。
乳幼児は色で『快』『不快』を判断します。

親が子供を励ましたりほめたりしつけたりしようと、一生懸命いいことを
言って聞かせても話している言葉ではなく乳幼児は話している大人が着て
いる服の色で『快』『不快』をまず最初に判断している
のです。

子供のアフォーダンス(やる気)は『快』の刺激を受ける時のみ
活発になる
ことは科学的にも分析され、多くの幼児教育者が発表して
います。

いかに色を楽しむかで子供の発育が変わってくるのです。
子供にとって楽しめる色を生活に入れることで随分と目覚ましい
進歩をすることでしょう。

是非、キッズファインカラーで、乳幼児にとってどんな色が『快』であり、
楽しめるかを学んでみましょう♪
きっと、子供のアフォーダンス(やる気)がUPして育児も楽に楽しく
なること間違いなしです!



いじめを防ぐ色!無料セミナーのお知らせ
 
2012年10月13日(土③人間関係における子供の『快』の色
ついて無料セミナーを行います。

特に秋は、保育園、幼稚園に通うお子様にとって夏休み明けの一段落
にシーズンで人間関係が深まる時期です。
昨今、悲しいいじめのニュースが後を絶ちませんが、ほとんどが秋から
いじめが始まっています。

是非、秋にこれから集団生活へと成長をするお子様のために早めに
人間関係における好かれる色・いじめから守られる色を学びましょう。

2012秋のチラシ_convert_20120809150547

無料セミナー詳細は→コチラ
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。