キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
05
悩み相談『子どもがご飯を食べません』
『子供がご飯を食べてくれない』
 ちゃんとご飯を作っているのに…
 体を使って遊ばさせているからお腹は空いているはずなのに…

食事をする赤ちゃん

今日は、色彩から見る「子どもの食欲UP方法」をお伝えします。

■子どもが食事を見て目で楽しめるように■
 子どもは目で見た情報(→)を脳で受け取り(→)行動に移します。

①『甘さ』を演出する

子どもが行動に移すとされる条件は乳幼児の期間は『快(楽しい)』と
いう感覚です。食事面で見る色彩感情では『快=美味しそう』です。

また、乳幼児は“甘い”という人間本来の最も好む味覚を
大人以上に重視しますから『甘そう』という印象が大事です。

『甘そう』という印象を子供が受け取ると反射的に食べる行動に
移りやすくなります。


例えば、カボチャの甘煮を食べさせたいとします。
「ホクホクのカボチャ。甘くておいしそうだよ~。」と、声かけしながら
子どもに甘い=美味しいという本能を確認させる手助けをしてあげます。

また、日本人の主食であるお米も噛めば噛むほど甘味を感じることを
教えてあげましょう。お米=甘いと覚えた子どもは自然にお茶碗に
ホカホカと盛られた白いお米に食欲を感じて育ちます。

②子ども向けテーブルコーディネートにする

シックな食器・テーブルコーディネートは大人にリラックスを与えても
子どもには食欲減退につながるだけです。

子どもにとって食事は楽しくなければ「食べなさい」と言われるだけの
苦痛にしかなりません。

確かに、大人は落ち着いた照明のシックな食卓はオシャレな雰囲気で
リラックスする良いものですが、大人以上に色感覚が本能的な子どもには
全く不向きなものです。

「食べなさい」と、毎日怒ってイライラしたりがっかりして過ごすよりは
自分のためにも食卓を思い切って子ども仕様にしてみるのも手です。

ナチュラルな食卓
▲ここまで明るく演出できなくても最低限の親が出来る努力は
子どもに「食べなさい」と、叱る前にしたいものです。

・テーブル…ダークブラウンなら→ナチュラルな色のテーブルに変える。
 もしくは、子どもには明るい色のランチョンマットを用意する。

・食器…クリーム色・黄緑・赤など料理と相性のいい食欲増進カラーの
 ものに変える。
 ※この時、透明~半透明のプラスチックは避けましょう
  色つきの透明~半透明の食器は光に変化を与えてしまうので食事が
  美味しそうに見えません。

・照明…食卓を照らす照明は蛍光灯から→白熱灯に変えましょう。
 青い光は食欲をなくすので、赤味の強い光で食欲増進効果を狙えます。
 ※薄暗いと食事摂取量が減るので子どもが食事中はしっかり温かみの
  ある照明をつけてあげましょう。

③食材の色バランスにも気をつけましょう

ここまではどうでしかた?もともと子どもが苦痛に感じる食事環境は
取り除けたでしょうか?ここからは本題の料理内容です。

下記の3色は子どもの食欲増進に欠かせない食材の色。上手に組み合わせ
ながら子どもの視覚を快適に刺激することをお忘れなく♪

●赤…トマト(ケチャップ)・肉・ニンジンなど
●黄色…カボチャ・卵・パプリカ・玉ねぎなど
●緑…きゅうり・ほうれん草・ピーマンなど

お寿司
▲大人でも写真を見た時、赤色や黄緑に最初に目が奪われます。
鮮やかな色を添えるだけでグンと食欲が増します。

煮物などどうしても茶系になる食事の横には色の綺麗なミニトマトの
小鉢を置くなど、工夫次第で子どもの色彩感情にプラス効果を。


④視覚から受けた色感情を声かけが助ける

子どもにガミガミ言うのは子どもの食欲をますます減らすだけでなく、
母親自身も自信をなくしたり、疲れてしまいます。

食事を楽しく演出するには、音楽・TVを消し、親子の会話を楽しむ
こと。子供の目を見ること。子供にほほ笑むこと。子どもが10口残す
ことを叱るより、1口食べれたことをほめることが不可欠です。

子どもが食べた食材を言ってあげて美味しいねと毎回言って聞かせる
ことで、子供の感性は健やかに育ちます。

子どもは誰でもこぼします。
子どもは時には残します。
子どもは母乳以外は食べず嫌いからスタートするのが基本です。

「子どもが食べない」となげくよりも、お母さん自身がホッとできる
色を食卓や子供服に取り入れてまずはリラックスしてください。

ペールピンクなど●薄いピンク色は、数ある色の中で人間が
食欲増進に結びつく『甘み』の色彩感情を最も感じる色。
お料理を作る時、子どもに食事をあげる時、この色の服、
もしくはエプロンを身につけてみてください。

お母さんにはリラックス効果、子どもには食欲増進効果を
与えてくれるんですよ♪子育てに行き詰った時のピンクマジックが
ここではペールピンクなど●薄いピンク色です。

キッズファインカラーは子育てするお母さんを心から応援しています。
安心した母親

▲子どもにほほ笑むためにも、まずはお母さん自身が
健康であることが大切ですね。

心配したり、叱るのに疲れたらちょっと一休み。色彩から見る
「子どもの食欲UP方法」を試してみてくださいね。
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。