キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
15
秋冬こそ “彩り” を
先日、姉から紅茶専門店ルピシアの限定セットを贈ってくれました。

シーズンごとに毎年発売される商品だそうで、秋の配色が豊かな
パッケージでした。

DSC05782.jpg
▲秋の豊潤さを演出する鮮やかなティーバッグがズラリ!お手本になります。

秋らしく、少し強めの“ストロング~ディープ”トーンの配色です。

最近は、商品開発も経費削減で専門的ではなく安易にデザインを
決定する企業が増える中、こうして質のいい発色を製品化する
ルピシアさんの心意気に拍手です♪

これらは、見るとわかる通り、オレンジ“暖色”がメイン。
秋冬には欠かせない温かみの色です。

実際、●赤色は毛細血管を広げて体温上昇に役立つ色なんですよ♪

秋冬は上手に食卓やインテリア、ファッション小物に取り入れると
“冷え症の予防”に効果的で風邪もひきにくくなりますね☆

これらの暖色を引き立たせてくれるのが黄色のネーチャーカラー。
ここでは、あえて、トーンを落とすことで暖色の名脇役になっています。

自然界も秋冬は深い赤、深い黄色、深い緑が主流になります。
これから冬を越す生き物に心身ともに温かさを与えれくれています。

少し肌寒い。そう感じたらインテリアにもファッションの小物にも
鮮やかな暖色と名脇役のネーチャーカラーを取り入れてみてください。

☆秋冬肌着選び・キッズファインカラーのアドバイス☆

お母様方もお子さんも肌着は黒色でなく、赤や薄ピンクを着ると、
太陽光の電磁波を布を通過して肌に届けてくれるので、温かく体温を
保つことが出来ますよ。

(※体温をあげるので風邪の解熱後など平熱をキープしたい時は洋服も
温度差を感じない黄色~緑系にしてくださいね。白系でも代用出来ます。)
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。