キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
31
DVD『イースターラビットのキャンディー工場』
またまた色彩の教材に最適な映画を見つけたので紹介します。

映画『イースターラビットのキャンディー工場』(ユニバーサル・2011)です。

rabbit[1]

この映画は、とにかく子供が可愛いと感じる色がいっぱいです☆

ストーリーは子供向け映画だけど小学生中学年以上の方が楽しめる
かも知れません。親子のすれ違いやそれを乗り越えるテーマと、
自分の夢を探して人生を切り開いていくことの大切さをテーマ

しているので、子育て中のお母さんにはヒントになることがいっぱいです。

特に、製作チームが男の子を主人公にしたハリウッド映画を沢山、
手がけているので、男の子の特徴を見事にとらえています。

「どうして男の子ってこうさわがしいのかしら?」
「男の子の育て方がわからない…」
「うちの子だけかしら?」

なんて一度でも思ったお母さんは必見です!


子育ての息抜きになる笑いあり、子育てのヒントありで、
尚且つ、キッズファインカラーが伝える“ポジティブカラー”
綺麗に再現されている色彩的に優秀な作品に仕上がっています。

また、特徴として“光”の演出が非常に優れている点にも注目です。

色の再現には欠かせない“光”を生活に取り入れる大切さに着目しつつ
映画を見てもらうと、インテリアにどう色彩を活かせばいいかわかると
思います。特に、主人公が豪邸にいるシーンなどが参考になります。

今までは、映画『マリーアントワネット』が光の演出で高評価されて
いましたが、この『イースターラビットのキャンディー工場』のほうが
客観的に判断して、光の演出では高得点だと思います。

色彩を勉強したいお母さんはお子さんが寝た後、“色”と“光”に
焦点を当てながらじっくり画面を観てくださいね♪
>色って不思議の一覧へ

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。