キッズファインカラー
子どもを伸ばす色彩教室キッズファインカラー
top
--
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
15
キッズファインカラーの『理念とポリシー』
今日、高槻市の協働プラザ登録団体 若手ネットワーク
『未来クル(ミラクル)』に、はじめて参加させて頂きました。

高槻市総合市民センターのセミナーで保育をしていただいている
NPO『地域ひといき』様のご紹介です。

大変、有意義で、もっと勉強しなければと刺激になりました。
と同時に、キッズファインカラーの働きをさらに広げていきたい!と
強く思うひと時でした。

MP900442432[1]
▲一人一人が力を合わせれば何倍にも可能性は広がるはず!

キッズファインカラーは、普通の“カラー教室”ではありません。

某色彩団体の認定講師や美大卒業生も幾名かキッズファインカラーの
セミナーに来られては「こんなこと知らなかった!」と、感激されます。

資格対策、認定講師登録などがメインのカラー教室では、教えていない
色彩知識をキッズファインカラーでは学ぶことができます。ですから、口コミで
高槻市内だけでなく、他府県からも参加者が多数来られるのだと思います。


①キッズファインカラーの目的

・子どもを取り巻く、衣食住すべてにおける色彩の重要性を考え、
 子どもが健全に育成される環境を整える為のあらゆる活動をする。

②キッズファインカラーの理念

・色彩は限られた有資格者のものではなく、色彩に囲まれて存在する
 すべての人間のものである。
・色は科学であって、抽象的なものではないことを理論的に解説し、
 それを地域社会・環境整備に活かしていく。
・常に社会の色彩環境を考え、色彩の活かし方を提案できる、真の
 色彩専門家を育成する。
・色彩環境を整えることが、子供達の心身の健康につながる。


③キッズファインカラーのポリシー

・既存の高額な資格取得型ではなく、金銭的な格差で色彩の学びが
 損なわれないような教室形態をとる。
・色彩知識について高額な情報料を参加者に求めない。
・専門用語を極力避け、誰にでも理解できる開かれた教室を目指す。



高額な月謝・高額な認定料・高額な更新料・高額な年会費…それを払っても
なお、色の知識が身につかず、環境に色彩の効果が発揮されていない日本の
色彩業界の現状は、“色彩資格”をビジネス化した最大の間違いではないかと
思います。

なぜなら、ほとんどの有資格者に、色を使いこなせる技術がないからです。
試験対策のために、出題頻度が高い分野しか丸暗記していない色彩関係の
資格者には、色の重要さは理解できないのでしょう。非常に残念です。

目に入る情報は誰でも平等に最良の物を得られるべきだと考えています。
特に、成長過程にある子供達は、体験言語としてあらゆる素晴らしい色彩に
親しめる環境・機会が与えられるべきだと強く願っています。

今日は、志高く集っておられる高槻市の若手活動家の皆さんにお会いする
機会に恵まれて本当に感謝でした。紹介して下さったK様に、特に感謝して
います。

これを機に、キッズファインカラーの働きが益々活発に広がっていくよう
心から願うばかりです。

© 2012 キッズファインカラー  All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。